勇壮な太鼓の合図で、100メートル程はなれた参道の入り口に待機している若衆が、われこそは一番乗りと言わんばかりに,神輿に向かって、はしってきます。