軽参の先導で警護に守られ、白丁に身を包んだ16人持ちにかつがれて、
一ノ宮を先頭にかく町内へと御輿の巡幸がはじまります。