今よみがえる王朝絵巻 十二単の着装
 皆様方をしばし雅の世界へご案内申し上げます。平安時代の十二単の着装をお目に書けます。
十二単の衣装は、今からおよそ一千年の昔、平安時代の中ごろ、皇后、中宮、内親王をはじめ宮中の女官、又は貴族階級の女性とそこに仕えた侍女たちだけが、つけたものでございます。

○ 白の小袖と長袴をつけています。未婚者は小袖長袴ともに、こき色となります。既婚者は白小袖に緋の袴 でございます。女官は例外で一様に緋の袴でございます。

○ 緋の長袴の上に「単衣」をつけます。単衣は袿(うちぎ)の下にきるもので、形は袿とおなじですが、寸法がゆき、丈ともに長くなっています。 単衣は、室町時代以後単衣と呼ばれるようになりましたが、幸菱の文様がつけられ色は赤、黄、萌色などございました。下着なので汚れやすいためくけてありませんでした。のりでえり、袖口、裾をとめてあります。

○ 単衣の次は、五衣(いつつぎぬ 五枚単衣を重ねる)なります。
着せ方は単衣と同じです。着せ終わりますと小紐は抜き取ります。小紐は二本を交互に使い最後は一本もなくなります。

○ 中央にお方様、すなわち十二単をおめしになる方、着せるひとは、二人、前の衣紋者、後ろの衣紋者と呼 びます。前の衣紋者は息がかからぬように膝をついたままで、着装します。
五衣はこれを重ね袿といい、平安後期には20枚ちかく重ねた例があります。
12世紀には、正式に5枚とされました。形は同じですが、色袖の絹を重ねていくので、袿ともうします。

○ 十二単は女房装束、晴装束の別の呼び名で、男性の束帯に相当し女性の第一礼装というべきものです。
上から下へ、又は下から上に薄い色をだんだんとこく袿を重ねていくことを「におい」といい、最後の一枚を白にすることを「うすよう」といいます。またことなる色の場合には、その配色によって「なになに重ね」と申します。
重ねは主に花の名前を用いることが多く、たとえばやまぶき、つつじなどがつかわれます。

○ 美人の基準は時代によっていろいろでございますが、平安美人とされる女性像は、きめこまかい色白の肌を持ったややふとりぎみのこがらな女性で、顔形はふっくらとしてしもぶくれの丸い顔がよいとされていましたようです。目はパッチリとした大きい目ではなく横に細く引かれたようなひき目がよいとされていました。また髪は長く黒々としていて癖が無いことが美人の条件のひとつとされていました。

○ 五衣の次は、うちぎぬでございます。うちぎぬはあやおりもので、砧で打って硬くし漆板に張って乾かした 後はがし光沢をだしたものです。

○ うち衣の次は、表着でございます。表着は袿の一番上に着るものでふたへの織物でございます。今風にいえばジャガード織とでも申しましょうか。当時は身分により色、柄ともに着て良いものと、いけないものがござい 今日お目にかけている表着は、身分も位も高いお方様の者でございます。重ねの色目が表着をおめしになることにより一層強調されたのではないでしょうか。

○ 表着(うわぎ)の次は唐衣(からぎぬ)でございます。十二単の一番上に裳(も)とともに用います丈の短いものでございます。たれくび仕立てでその巾が狭くなっております。色目は自由ですが、織のものや赤、青の色目のものは禁色で許されたものだけが使うことができたといわれています。晴の日には唐衣と裳を必ずつけますので、唐衣装束とも呼ばれ晴の日に着ますので晴装束とも、申します。

○ 最後に裳をつ着けむます。八巾の長いきれ地を交互に縫い合わせた裳は、上部をおおごし、前で結ぶ紐をこごしといいます。下に長くひく部分をひきごしといいます。衣服をたくさん重ねるようになりましたので、腰にまくことが不可能となり背中にあてて後ろに長く垂れ引くものと変わってまいりました。女官や貴族に仕える女房たちは唐衣は必ず着けるもので、控えに下がっても唐衣は脱いでも裳は必ず着けていたそうです。

○ 髪は長い程、美人の条件になっており、ある皇后はお車に乗っても髪の端が玄関まで届いた程ということが、大鏡の中に描かれております。

○ ご覧の皆様、この十二単の目方はどの位とお思いですか。全部で16キログラム程ございます。お方様に似合うよう美しく着つけることは大変難しいといわれます。平安時代は日本の服飾市場最も美しく豪華な衣装が着られた時代でございます。世界各国に民族衣装はたくさんありますが、これほど豪華で美しいものは他に類を見ないでしょう。

○ 十二単の衣装のひとつのポイントに香りがあります。香りはおしゃれの役目と体臭を消すという役目のほかに、香りによって誰かと分からせる事が必要だったわけです。

○ それでは袿をもう一度ふくしょうしてみましょう。
1.白小袖  2.長袴  3.単衣(ひとえ) 4.五衣(いつつぎぬ)  5.表着(うちぎぬ) 6.唐衣(からぎぬ) 7.裳を着けてまいりました。

○ たとう紙は必ず懐中いたします。手にもつ 檜扇は、檜の薄板を何枚も綴ったもので、胡粉の塗りの地に金泥銀泥で極彩色を施した美しいものでございます。

○ お方様がお歩きになるときには、右手で檜扇、左手でたとう紙をお持ちになり両方でお顔を隠すようにして、お歩きになられました。色重ねの美しさ、重厚さ、横から後ろに流れる線の美しさ、長い裳と髪の美しさ、暗い廊下を静々と歩く姿は、恐ろしい程の美しさであったろうと想像されます。